« 【昔は記憶していることを自慢出来たんだけどなぁ】 | トップページ

2020/10/28

【田中みな実】

今日はね、昨日と似たような内容になっちゃいますが、どうかご容赦を。火曜日に録画したNHKの『プロフェッショナル』を、今日、観てみました。テーマが「田中みな実」ということで、「タレントがテーマ? プロフェッショナルもネタ切れか?」と、丸一日放置しての録画視聴でございました。

これがね、田中みな実さんには謝らなくてはいけませんね。なかなかに見応えが有った。NHKの担当者は、年末に放送される田中みな実さん出演ドラマの番宣くらいの気持ちでだったでしょうが、番宣なんていううわついた動機を吹っ飛ばすほどに、田中みな実さんの内面がエグかったのでございます。

まずね、田中みな実さんのアスリート並みのストイックさがエグい。ただね、残念なのは、田中みな実さんがストイックに追い求めているものと、テレビ局や大衆が求めているものとが大きく乖離していることでございますね。

アナウンサー時代の田中みな実さん、「朝の顔」になるべく必死に努力しますが、テレビ局が与えるのは「ぶりっこ」というキャラクターばかり。独立してフリーになってからも、その乖離は続くわけでございます。その乖離を埋め続けている間に、田中さん自身は「飽きられること」への恐怖を持ち続けているのですよね。

『プロフェッショナル』で、こんなシーンがございました。あるドラマの収録現場、撮影後に監督やプロデューサー、ベテラン俳優が田中みな実さんを「完璧!」「最高!」と褒めまくる。ただね、何十年もドラマの制作現場にいる人達が、たまたま4~5本のドラマに出ているだけのシロウト同然の人をそこまで褒めるなんて有り得ない。ワタクシはこのシーンで、実に嫌な気分になったのでございます。

それは、なぜか? こと芸能の現場においては、人を「育てよう」という場では、けっして人を褒めない。人を褒めるのは、はなから「育てる」という関係ではないから。言い換えれば、「使い捨て」扱いの人だからこそ、褒めることが出来る。ドキッとするでしょ、こんな言い方をすると。ストイックにドラマに相対している田中みな実さんに対する、現場の反応がこれでございます。あぁ、乖離してますねぇ。

ところが、驚くことに、そのシーンの直後に田中みな実さんのこんな発言が挟み込まれる。「客寄せパンダとしてキャスティングされていることを理解してますから」とのこと。理解した上で、最善を尽くしているとのこと。これは、エグいですよ。エグ過ぎる。33才というのは人生の頂点あたり。そろそろ自分の人生の下り坂がチラチラ見えてくる時期。よく、持ちこたえているなぁと思ったのでございます。

救いのないような今回の『プロフェッショナル』でございましたが、番組の最後に来て、希望の光がございました。田中みな実さん自身のこんな言葉、「自分が苦手なところにしか、わくわくすることってないよね」。ワタクシ思うに、この言葉こそ、プロフェッショナルの証しだと思うのですが、田中さんご本人はあまり気づいていない感じでしたねぇ。

田中みな実さんという方に、非常に興味を持ったのでございます。今後の活躍を期待いたします。彼女が、より良き環境に恵まれるとよろしいですねぇ。「褒められる」というのは、まだ同じ土俵に上がっていない証拠。同じ土俵に上がれると、周りの人間は無口になるのですよ。なぜなら、周りの人間にとって、自分が「脅威」になったからですよね。そこからが、彼女のスタートかもしれませんね。では、では。

|

« 【昔は記憶していることを自慢出来たんだけどなぁ】 | トップページ

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 【昔は記憶していることを自慢出来たんだけどなぁ】 | トップページ