« 【バブルの頃は、み~んな狂ってた】 | トップページ | 【必ず10対0ってのはおかしいでしょ】 »

2018/04/18

【世知辛いねぇ】

財務省事務次官のセクハラ問題が、大きく動いているようでございます。「キャバ嬢がどうの」と言ったワタクシ、猛省でございます。新潮社の中の人、どうも失礼いたしました。いや、見事に、週刊新潮にしてやられた感じでございます。世の中が「どうぜキャバ嬢だろう」と疑うのを見越した上での、あの音声流出でございましたね。いやぁ、アッパレ、アッパレ。

なんか、夕方、いきなり事務次官が更迭され、夜、セクハラの相手はテレビ朝日の記者だというニュースが流れてまいりました。すべて、週刊新潮の思惑通りなんでしょうねぇ。

多分、週刊新潮の次号に、テレビ朝日の記者ウンヌンの記事が載るのでしょう。その記事を事前に麻生財務相あたりにコッソリ見せる。麻生さん、あっさり事務次官を更迭。すかさず、テレビ朝日が自社の記者だと報道したのも、新潮社があらかじめ手配済み。そして、週刊新潮が売れまくる。

もうね、この流れるような一連の波状攻撃、これは仕方が無い。一番の原因は、迂闊にエロトークをした事務次官でございますね。脇が甘いというか、以前からの常習犯で、ロックオンされていたのでしょう。そして、森友学園問題の切り札として使われた、と。

さて、ここで、チョイト深読みしちゃいますよ。まず、なんで、テレビ朝日の記者は、お酒の席でインタビューをしたのか? しかも女性が。こりゃあ、事務次官のスケベにテレビ朝日がつけ込んだのではないかなぁ。

訪問販売でよくあるでしょ。すごい美人が訪問販売で訪れ、話を聞いているうちに契約しちゃう。てっきり、その美人が今後の担当者になるのかと思いきや、その美人は二度と現れない。会社に問い合わせても、いつも居留守を使われる。契約する時だけの、突撃要員の美女なのですよね。

テレビ朝日も、「このスケベオヤジ、酒の席で女性記者と二人きりなら、ベラベラと喋ってくれるはず」という思惑があったかもしれない。そして、女性記者が刺客として送り込まれた。ただ、当の女性記者、「セクハラ上等」くらいの決死の覚悟でインタビューに臨んでいるわけではなかった。そして、女性が「セクハラだ!」と騒ぎ出すことに。 (個人の推測です)

ドラマなどでは、女性記者が「私がセクハラ覚悟で、情報を掴んできます!」と突撃取材をしたりしますが、そんなドラマチックなことは起こらなかったようでございます。もし、テレビ朝日の上司が事務次官のセクハラ常習を隠して送り込んだのなら、これはテレビ局の体質に大きな問題があると言えるでしょう。

さて、事務次官のセクハラという美味しいネタを得ておきながら、テレビ朝日はそれを有効利用してないですねぇ。言葉は悪いですが、そのネタで「脅す」ということも出来るのでございます。まぁ、揺さぶりをかけて、時々、ネタをもらうということでございますね。

あるいは、「恩を売る」という形にも出来る。「セクハラ問題になりかけてますが、局内でもみ消します。ですから、今後も良きお付き合いを」と、相手の懐に入るわけでございますね。そして、「こういう時代ですから、セクハラトークは封印された方が」とアドバイスし、事務次官との蜜月を保つということでございます。

そういった長いおつき合いをしてネタを小出しに貰おうという長期戦略ではなく、今、このネタを売上・視聴率に結びつけようという目先の利益に走ったのが、今回の週刊新潮でありテレビ朝日なのでしょう。「マスコミとは蜜月の関係で」なんていう昔の感覚ままの人が、いいようにカモにされているのかもしれませんね。

こんなエロ親父は更迭でも何でもすればいいですよ。ただねぇ、もし、最終的に、麻生財務相や安倍首相を引きずり下ろしたとところで、後継者がいない。それが、今の日本の、最大の不幸。与党の中にも、パッとした人がいない。ましてや、野党に政権交代なんて有り得ない。後継者がいないのに、引きずり下ろそうとする人は大勢いる。あ~ぁ、み~んな、目先の利益ばっかり。やだ、やだ。

|

« 【バブルの頃は、み~んな狂ってた】 | トップページ | 【必ず10対0ってのはおかしいでしょ】 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 【バブルの頃は、み~んな狂ってた】 | トップページ | 【必ず10対0ってのはおかしいでしょ】 »