« 2017年8月 | トップページ | 2018年4月 »

2018年3月

2018/03/31

パクリの作法

先日、デーモン閣下がNHKにクレームを入れたというお話を致しました。今日はその件に関して、ワタクシの一家言をお話しいたしましょう。余談ですが、今は、「デーモン閣下」が(地球での)正式な名前だそうでございます。ですので、この欄でも、フルネームのデーモン閣下で呼ばせていただきますよ。

さて、デーモン閣下が何やらプンプンしてNHKにクレームを入れた件。ご自身のキャラクターをNHKに無段で使われたとのこと。それに対しては、「もっともだ」「大人げない」などの賛否両論が世間に飛び交っておりました。

発端は、NHKの「ねこねこ日本史」という子供向けの番組に登場したキャラクター「デーモン風高杉」でございます。このキャラクター、NHKはデーモン閣下の承諾を取らずに番組を放送してしまった。これに対して、デーモン閣下がプンプンして抗議を入れたという流れでございます。

じゃぁ、取りあえず、その「デーモン風高杉」を見ていただきましょう。

え〜と、オリジナルの画像ではなく、ワタクシの「模写」でございます。まぁ、「パクリ」をテーマでお話しするのにワタクシ自身が無断転載をしてはシャレになりませんので、模写させていただきました。模写やイラストってのも、許諾が取れない場合の放送局がよく使う手法でございます。

見るからにデーモン閣下そのものでございますね。で、このキャラクターの名前が、くり返しますが「デーモン風高杉」でございます。ワタクシ、チョイト気になるのは、どうして、デーモン風「高杉」にしなかったかなぁということ。カギ括弧がどこで閉じているか、重要なのでございます。

デーモン風「高杉」であれば、高杉晋作がデーモンに扮しているという解釈を取れます。では、「デーモン風高杉」だとどうなるか? これですと、扮しているのではなく(コレ重要)、最初からそのイメージを狙ってキャラクター設定しているということ、つまり高杉ではなく「デーモン」の方にウェイトが置かれるのでございます。この違い、お話の最後まで影響してきますので、覚えておいて下さいね。

ここで、「パクリの作法」なるものをご説明いたしましょう。パクリにも作法がございます。まず、パクリとパクリ元が「同一視出来る」時は、必ず本人の「許諾」が必要でございます。「これのパクリ元、アレしか考えられないよね」というときは、パクリ元の許可が必要なのでございます。

では、「デーモン風高杉」を考えてみましょうか。このコスチュームはどう見てもデーモン閣下。そして、名前にも「デーモン風○○」と付けてしまっていては、同一視は必至でございます。ですので、あらかじめデーモン閣下に許諾を取らなかったNHKに全面的に非があるのでございます。

NHKはどうすべきだったか。もうね、対処策はいくらでもあるのに、それを全部避けてパクっていたというNHKに呆れるのでございます。まず、「デーモン」という語とキャラクターとの「合わせ技」で同一視が成されているのですから、そのどちらかをはぐらかせばいいのでございます。

名前ならば、「デーモン風」ではなく「ヘビメタ風」とすべきでございましたね。これで、名前の指す範囲がかなり曖昧になるのでございます。キャラクターならば、もう1人、別の人の特徴とミックスしてしまえば良かった。「デーモン風高杉」は、あまりにも「デーモン閣下」の特徴を拾いすぎているのでございます。

パクリ元を「はぐらかす」のならば、この手法でいいのでございます。逆に、「デーモン風高杉」の様にパクリ元を自明にさせる場合には、重要なポイントがございます。それは、「パクリ元へのリスペクト」でございますね。ご本人が「パクられて気持ちいい」と思えないと、後々のトラブルは、これまた必至なのでございます。

何が問題だったか。実は、この「デーモン風高杉」というキャラクター、「音痴」という設定なのでございます。ここまで自明にパクっておいて、その音痴という設定はいくら何でも失礼でしょう。そりゃぁ、ご本人がクレームを入れてくるのも当然。というか、どうしてこの企画、通った?

ここで、先ほど申しました、カギ括弧をどこで括るかというお話が絡んでくるのでございます。○○風「高杉」ですと、「音痴なのは高杉晋作」という解釈が強い。クレームが来ても言い逃れる余地がございます。でも、「デーモン風高杉」という名称は「デーモン」にウェイトが有る。これだと、デーモン閣下への誹毀(ひき)と取られても仕方が無い。NHK、迂闊でしたねぇ。

さてさて、今日のお話は、パクリにも作法が有るという内容でございました。出版の人とかはこういうの神経質ですし、NHKだって知ってる人、居るはずだけどなぁ。現場の新旧交代で、いつの間にか廃れてしまうのかなぁ? では、では。

| | コメント (0)

2018/03/30

このブーム、もうひと山くるか?

たまたま、見つけてしまいました。見つけたからには、買わざるを得ないでしょう。だって、このパッケージですから。

どう見ても、「森永製菓」のあの甘酒のパッケージ。それがポテトチップスになったとあれば、こりゃぁ、買わざるを得ない。いやぁ、森永、攻めてきたなぁ...と思いきや、あれれ? 左上にはお馴染みの「Yamayoshi」のロゴが? 何ですと?

裏の製造元表記を見ると、「山芳製菓」になっております。あの「わさビーフ」の山芳でございます。と、来れば、お察し。この山芳ってのは「奇をてらった」商品しか世に出さないチャレンジャー企業でございます。本家の森永とタイアップしてまで出すところ、気のてらいようが筋金入りでございます。

ご丁寧に、パッケージの裏には森永の甘酒の宣伝が。というか、もう、山芳のOEM(相手先ブランド商品)と言っても過言ではない。「森永の甘酒」が、あの独特のパッケージデザインも含めてこれほどまでの強力なブランドであったことを、改めて認識したのでございます。

まぁ、しかし、ポテトチップスというのは、やるせない食品でございますねぇ。「○○味の~」というポテトチップスは数限りなく発売されておりますが、必ずしも、というか、そのほとんどの商品は、素のポテチに香料パウダーをふっただけでございます。

「ただ、匂いに騙されているだけ」と思いつつも、新しい味、変わった味が出ると、ついつい、買っちゃうのですよねぇ。そして、その「変わった味」の神髄を極めているのが、山芳製菓でございます。今回も、まんまとやられてしまいましたね、ヤマヨシの陰謀に

香料で誤魔化されているだけと申しましたが、お菓子類のほとんどはその類でございます。無果汁の清涼飲料も同様。逆に、匂いさえ有れば、ただのお水でも甘みを感じさせることが出来るという実験結果もございます。嗅覚の支配率、恐ろしや。

さてさて、甘酒味のポテチでございますが、ショートケーキ味・牛乳味系の味付けでございますね。名前の通り、甘め。そして、のどごしに少し甘酒の香りが漂います。ショートケーキ味のポテトチップスってのがそもそも衝撃的で、未経験の人には想像つかないでしょうが、まぁ甘めのポテチだと思って下さいませ。

森永甘酒のブランド力を改めて認識した、このポテトチップスでございました。森永も、いっそ、甘酒柄の車とか作って街中を走らせたらいいのに。カワイイと思うなぁ。食いしん坊の名古屋薫の、甘酒味ポテチのレポートでございました。では、では。

| | コメント (0)

2018/03/29

1ヶ月ワンコイン

深夜に、とっても面白い番組を見てしまいました。いやぁ、国会中継の3倍は面白い。NHKの予算審議の録画放送でございます。シティヘブンの広告製作をやりながら、朝方まで見ちゃったのでございます。受信料とか、ネット同時配信とか、今、リアルタイムで問題になっていることを、各方面の方がズケズケと質問しておりました。

デーモン閣下のクレームの話題も出たのですが、その件に関してはワタクシも一家言ございます。それは、また、別の日にお話しいたしましょう。

さて、今日のお話は、受信料。ワンセグ携帯まで課金するという判決が出て、ワタクシ、時代錯誤も甚だしい判決だと思っております。そもそも、ワンセグなんて、まともに映らないじゃん。携帯電話のワンセグとか、特に顕著。それを「受信機の”設置”」と判断されてしまうのは、嫌だなぁ。

受信料の制度がある先進諸国では、罰則があったりして、徴収率はほぼ100%に近いそうでございます。韓国では電気料金に盛り込んでいるので、完全に100%の徴収率とのこと。NHKの場合は、かつての60%程度の数字を、「取り立て」「裁判」などを駆使して(笑)、今は80%くらいになっているそうでございます。

ただねぇ、今の制度だと、不公平感がどこまで行ってもぬぐえない。そこで、何か良い方法はないかと、ワタクシ、考えました。以下、順を追ってご紹介いたしましょう。

まず、NHKをテレビで見るにしろ、パソコンで見るにしろ、必ず電気が必要でございます。そこで、電気料金に盛り込んでしまいましょう。それを前提として、いろいろ数字を調べ、計算してみたのでございます。

まず、今、NHKの受信料収入がいくらなのか? NHKの資料によると、平成28年度の数字が「6,769億円」だそうでございます。次に、電気の契約数。国内10社の電力会社の契約数の合計が、「8,329万2千」契約(出典:電気事業連合会)。ここで、片や億の単位、片や万の単位。ちょっと嫌な予感がしましたが、計算を進めましょう。

現状の受信料収入を、電気の契約数で公平に分担すると仮定して割り算をしましょう。6,769億円÷8,329.2万契約=約8,127円/契約。これが1年分ですので、12で割りますと、677円。電気を契約している家庭なり事業が、ひと契約ごとに毎月677円を負担すると、現状の受信料収入を賄えるという計算でございます。

677円、微妙だなぁ。全ての契約に加算されるわけで、この677円を猛反対する人もいるだろうなぁ。せめて、1ヶ月ワンコインの500くらいだと、現実味が有るのだけどなぁ。と、ここで、あることに気がつきました。強制徴収、いや失礼、自動徴収にすると、それにともなって無くなるコストが有るのでございます。

昨年、ニュースにもなっておりましたが、NHKは受信料の「取り立て」のために、年間734億円も使っております。これが、ほぼ、無くなる! では、早速、計算をやり直してみましょう! 途中経過は省きますが、計算すると「1ヶ月、604円」。よ~し、だいぶ下がりました。ワンコインまであと少しでございます。

ここで、逆の計算をして見ましょう。1契約あたりひと月ワンコインなら、総額いくらになるかを計算するのでございます。すると、約4,998億円。まぁ、5,000億円でございますね。つまり、NHKが、今まで6,769億円でやりくりしていたものを5,000億円までダウンサイジング出来れば、全ての電力契約にひと月500円上乗せで賄えるのでございます。

この方式は、テレビを見ているかどうかは関係ない。また、ひとつの契約に何百台のテレビがぶら下がっていても関係ない。単純に「ひと契約にひと月500円」を加算するのでございます。基本料金が500円高くなるということになりますね。でも、これで、徴収率100%でございます。

今の受信料に不公平感があるのは、徴収が人海戦術だからでしょ。「全員から徴収」というのだったら、こういったシンプルな方式の方が揉めないはずでございます。とにもかくにも、時代遅れの現状の徴収方式は、いずれ、大改革を求められるはずでございます。NHKは、いったい、何を守って古い方式を固持してるのでしょうねぇ、では、では。

| | コメント (0)

2018/03/28

ガチじゃダメなんだよ、タヌキにならなきゃ

想像してみて下さいませ。例えば、当店の様な小さいお店の中で、何かしら「ズル」が有ったといたしましょう。もちろん、真相を追究し、何かしらの罰則を与えることは出来るかもしれません。しかし、もし確たる証拠がなく、いたずらに不和な時間を浪費しているとしたらどうしましょう?

そんなときは、「見過ごす」という選択肢も必要でございます。結論の出にくいことに時間と労力を使うよりも、そのようなズルが今後起きないような改善策を練り、業務や人間関係を通常に戻した方が得策でございます。ズルをした人は”やり得”でございますが、そのズルに必要以上に関わることのマイナスの方を重視するのでございます。

さて、森友問題も、こんな風に考えられないでしょうかねぇ。と言いますか、こういった「見過ごし」というのは、みんなやっていることでございます。学校の教室内、マンションの自治会、町内会、企業の社則、地方自治体...多くの場所で行われている対処方でございます。

では、どうして、国会だけ、そう出来ないのか? それは、野党が一枚岩じゃないからでしょうねぇ。小さな団体が集まった”烏合の衆”になってしまっております。それ故、与党への追及が「追い込み競争」になっちゃってる。競争だから、どの党もこの事件を千載一遇のチャンスとばかりに追い込んでしまう。

「この件は、これくらいにしておいてやる。次、やりやがったら、本気で内閣総辞職に追い込むからな! ほな、予算案、決めちゃいましょか」

こんな、「与党に恩を売りながら、次のチャンスをうかがう」という長期の展望が持てないですよね。まぁ、バラバラの集団だから、持てるはずがない。烏合の衆をまとめ上げられる様なスーパースター議員が現れないというのが、今の野党の不運でしょうねぇ。

豊洲問題での小池さんの対応でも、同様のことがございました。あれも小池さんの潔癖症のせいで、いつまでも問題が停滞しちゃいました。ほどほどのところで妥協し、「次やったら、月にかわってお仕置きよ!」と睨みを効かすなんて対処が出来たら、カッコ良かったと思うのですけどねぇ。

大相撲も、ほどほどにヤオ、いや、もとい、”人情相撲”が有った頃の方が、興行が円滑でございました。日本の政治も、料亭でウラトリヒ、いや、もとい、”お話し合い”を行っていた頃の方が、政治がスムーズでございました。なんだかなぁ、どうも日本ってのは、ガチってのが向いてないようでございます。

| | コメント (0)

2018/03/27

【何で、後ろばかり向いてるかなぁ】

国会の証人喚問をチラチラと見ておりましたが、何で、あんな、前時代的な、「晒し上げ」を、いつまでもやっているのでしょう?

あの証人喚問で何かを解決したいという意図は、国会議員の方々に本当に有るのでしょうか? ワタクシ、単に、「不正を追及している俺、カッコイイ」と自惚れしているようにしか見えません。特に、やたら高圧的になる某政党の方、威圧感で押すという戦法は、ある意味、ズルイと思うのでございます。

呼ばれる人ってのは、だいたい、証人喚問のような質疑応答に慣れてない人が多い。一方、国会議員というのは質疑応答がお仕事。テレビ中継が入る緊張感の中、クロウトがシロウトを威圧で追い詰めちゃいけませんねぇ。

しかも、訴追の可能性がある事項は答えなくてもいいというきまり。そりゃ、当然だ。弁護士もいない場所で黙秘権も使えないなんてことが有れば、公開処刑でございます。結局、国会の証人喚問は、何ら問題解決には機能していない(キッパリ)。国会議員のパフォーマンスの場所でしかないのでございます。

しかもですよ、アメリカは関税で責め立てる、ロケットの国は何やら韓国・中国・ロシアと裏工作をやらかしている雰囲気がプンプン。日本、四面楚歌じゃん! 今、一番危険なのは、政治の空白期間が出来ること。ほんと、国有地の忖度なんぞに関わってる場合じゃねぇ!

国会は、まず、予算案成立を目指すべきでしょ。そして、野党は政権交代なんていう「夢」を見ているかもしれませんが、与党の支持率が下がっても野党の支持率が上がらないということは、国民は「与党を信用出来ないけど、野党はもっと頼りない」と思っていることは明白。その現実を、野党はもっと受け入れないとね。

話を証人喚問に戻しますね。この国有地の問題は、明らかに裁判所に任せるべき事項でございます。国会が貴重な時間を割いてまでやる事でございません。ここで提案なのですが、アメリカみたいに、裁判のテレビ中継を認めてしまうというのはどうでしょうか?

アメリカは、国民が注目している裁判だと、テレビ中継が入り、全米に「生放送」されるのでございます。もうそろそろ、日本でもこれをやりましょう。一般視聴者向けの国会の証人喚問と違い、専門用語がバシバシ飛び交う裁判になるでしょうが、それを分かりやすく説明するのがマスコミのお仕事でしょ。

国会は、未来を語る場所。過去の事件をいつまでも蒸し返すのは時間の無駄。お裁きは裁判所に任せて、国会議員の方々には、もっと、もっと、現実を、そして未来を語ってほしいものでございます。では、では。

| | コメント (13) | トラックバック (0)

« 2017年8月 | トップページ | 2018年4月 »