« 【嫌なら見るなと言ったTV局もございました】 | トップページ | 【プレミアが付いて何十倍もの値段になっております】 »

2017/04/30

【ジャンケンで決めるわけにはいきませんからねぇ】

ミサイルが発射されて、東京の地下鉄が止まるって、ちょっとやり過ぎだなぁ。「ミサイルが発射されたため、運転を見合わせ・・・」ってアナウンスも、不気味すぎるでしょ。すぐお隣の、ソウルの地下鉄だって、いちいち止まってないというのに。

日本のマスコミが、大騒ぎし過ぎな感じもいたします。騒げば騒ぐほど、騒がせてる張本人を喜ばせるだけでございます。いっそ、日本もアメリカも国連も、みんなでシカトしちゃうのがよろしいかと。

電柱とかに登っちゃって降りてこない人に対して、下から「降りてこ~い」って言うとかえって頑なにしがみついちゃう。「降りてくるな!」って下ろさなければ、「すいません、降ろさせてください」って折れてくる、そんなコントがございました。

ここに来て、トランプさんの人気がチョイト上昇中。ミサイル・核実験の乱暴な国に対して強硬な態度を取っているのが、その理由のようでございます。まぁ、その強硬策が良いのか悪いのかは、もう少し経ってからでないと分からないですけどね。

でもね、トランプさんの言葉には、いつも「ハッタリ」が盛られておりますから、強硬策も「どこまで本気かな?」って常に疑っていないと、後から足をすくわれる。彼はビジネスマンですからね。そんなアメリカとミサイルの国との「お互いに腰の引けた丁々発止」に、日本はあまり振り回されたくないですねぇ。

3月に国連で行われた核兵器禁止条約の会議には、核保有国は参加しませんでした。被爆国である日本も、不参加。今は、バカ正直に「じゃぁ核は、なくしましょう」って言って自国の核兵器を封印した国が、貧乏くじを引いてしまうというのは明らか。「三すくみ」ならぬ、核保有国同士がお互いにすくんでいてバランスが取れている状態。

ミサイルの国にしてみれば、「おまえらは保有しておいて、新たな参入者は阻害するって、おかしいだろ」というところでしょう。自分たちの核は捨てずに、新たな参入者が持とうとする核は捨てろというのは、参入者にしてみれば納得いかないでしょうねぇ。

人類と核兵器とのお付き合いは、まだまだ続くのでしょうねぇ。そして、使ったら大変なことになるというのは、全ての国が自覚していること。当然、ミサイルの国も分かっていることでございます。それを大前提として、世界中がすくんでいる状態が、幸せな状態なのでしょう。「すくみ」がそのまま「すくみ」のままであり続ければですけどね。

ちなみに、「三竦(すく)み」和英辞典で引いてみました。「be in a three-cornered deadlock.」とございます。面白いですね。「三者が隅に追いやられて固まる状態」と表現するようでございます。敵対国を追いやるために核兵器を保有すると思い込みつつ、実は、自国を隅に追いやり身動き取れない状態にしているのかも知れません。と、すると、核を持っていない日本は、もっと自由に行動できるはずですけどねぇ。

|

« 【嫌なら見るなと言ったTV局もございました】 | トップページ | 【プレミアが付いて何十倍もの値段になっております】 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【ジャンケンで決めるわけにはいきませんからねぇ】:

« 【嫌なら見るなと言ったTV局もございました】 | トップページ | 【プレミアが付いて何十倍もの値段になっております】 »