« 【宅配業者を救え! 後編】 | トップページ | 【「しかたがない」は「許し」の言葉】 »

2017/03/10

【踊るバカ、それを見るバカ】

いろんなことがあった、1日でございました。

今話題の小学校、とうとう話が白紙に戻りましたね。あの工事中の校舎、取り壊しなのでしょうか? いや、校舎に罪はないのですけどねぇ。いい校舎じゃないですか。せっかく作ったんだし、有効利用を出来ないでしょうか?

この話、もちろん、ごまかしやりたい放題の学園側が悪いのは当然なのでございますが、この段階までバレずに話を進める事が出来たという現実は、どうなんでしょう? この話、総理大臣が絡んでいなければ、多分、最後まで進んでましたよね。安倍首相の名前が絡んでいて野党がネタに上げなければ、多分、闇から闇へととんとん拍子に開校まで到達していたはずでございます。

こういう時のテレビの態度には、実に腹が立つのでございます。話題の人、籠池さんも興奮して抗議しておりましたが、ちょっと限度を超えた強引な取材があったり、見切り発車的な記事があったりと、もし籠池さん側に弱みがなかったら、逆に訴えられるだろうというような報道のありかた、嫌ですねぇ。

でもね、この話がここまで進むまでに、GOサインを出した役員なり政治家なりが、絶対にいたはず。マスコミは、そっちを追及するべきでしょ。自分に累が及びそうなおっかない所へは突っ込まず、安全な場所から反論の出来ない者を追い込む正義の味方気取りのマスコミの姿、あぁ、嫌だ、嫌だ、嫌だ。

野党も野党で、海の向こうからミサイルを撃ち込まれている時に、何やってんだろうねぇ。こんな「上げ足取り」でしか与党を追及できない野党では、そりゃ支持率はいつまで経っても上がりませんよ。総理大臣一人を追及して悦に入っている野党、あぁ、小せぇ、小せぇ、小せぇ。こんなザルな認可や補助金のシステムを、どうして追及しない! そんなバカな野党を、どうして批判するマスコミが出てこない。あぁ、バカ、バカ、バカ。

バカと言えば、お隣の国。弾劾が成立しちゃいました。それも全員一致で。かのお隣の国では、まるでフランス革命直後のような大騒ぎ。あ~ぁ、これも、バカ、バカ、バカ。フランス革命直後のフランス、あるいは明治維新直後の日本、何十年も国政が荒れたのでございます。

お祭り騒ぎの人達は革命でも起こした気分でしょうが、外側から見ている我々には「魔女裁判」にしか見えない。何ら法的根拠も示さずに裁判官全員一致で決まりました。そりゃ、あのデモと国民の興奮状態を見ていたら、反対投票なんかしたら何が起こるか分からない。司法がポピュリズムに流される、まぁ、あの国の通常でございます。

まぁ、こんなことを考えていた1日でございました。さて、明日は「3・11」。震災がらみでは、今だに風評で子供のイジメが起きたり福島産の不買なんていう「バカ」なことが起きております。お隣の魔女裁判のバカを、笑ってばかりはいられませんよ。ワタクシたちにも、バカの要素は大アリなのでございます。

|

« 【宅配業者を救え! 後編】 | トップページ | 【「しかたがない」は「許し」の言葉】 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【踊るバカ、それを見るバカ】:

« 【宅配業者を救え! 後編】 | トップページ | 【「しかたがない」は「許し」の言葉】 »