« ♪生まれた時が悪いのか〜〜ってかぁ | トップページ | チャレンジし続ける人は、一生青春 »

2012/07/25

さすがに「電気は悪」と考える人はいないですよね、でも...

 今回は原発の話。福島原発の事故調査報告などが出始めておりまして、NHKなども、福島原発のメルトダウンの過程が詳細にレポートする特番を放送しておりました。この様な番組を見るに、ほんとに気の毒だったのは、あのメルトダウンに臨んだ原発職員の方々。事故の経過が明らかになるまでは、「対処が間違っていたのでは?」とか「ベントが遅かった」とか、様々な批判が乱れ飛んでまいりました。そもそも電気でリモート操作することを前提に設定されている原発ですから、電源を喪失し、メーターや温度計が当てにならない、電磁弁やバルブが遠隔操作できない、そんな状況の中で非常に貢献したと思うのでございます。原子炉の中で何が起きているか分からぬまま、知識と想像力を総動員して対処する職員の方々の心中は、怖かったことでございましょう。水素爆発の瞬間は、心が凍り付くような思いをしたことでございましょう。もし、責めるべきことがあるとすれば、「電源喪失なんてものは有り得ない」という原発政策のもと、電源を失った場合の訓練を全くしてこなかった原発村の体質でございましょう。きちんと訓練を受けていたら、福島第一のメルトダウンは起きなかったかも知れないのでございます。

 大変な人数の脱原発デモが、各地で行われております。あのデモの様子を見ていて心配なのは、「脱原発原理主義」に陥ってないかなぁということでございます。原発問題は“宗教戦争”にしちゃいけないのでございます。「原発=悪」と考え始めたら、これはもう宗教戦争の始まり。さらに、「自分の信じる“善”以外は絶対に認めない」という原理主義に走ってしまうと、もう泥仕合。だって、原発推進派も、「推進原理主義」に陥ってしまったりしておりますからね。そんな両極端な考え方どうしの議論が絶えないように見えるのでございます。メリットとデメリットをトレードオフしながら出来るだけ多くの人が幸せになれるような「落としどころ」を見つけること、そのような議論が出来て初めて、宗教戦争ではなく「政治」の領域に入るのですが、どうでしょう、今の日本人は、そんな「政治の一構成員」として行動できているでしょうか。

 何が宗教戦争で、何が政治的解決なのか? それを分かりやすく説明するために、「新幹線」で例えてみるのでございます。かつて新幹線にも「騒音訴訟」がございました。新幹線の利用者がまだまだごく一部の限られた人達であった頃、新幹線は沿線住民にとって「自分たちが利用するわけでもなく、ただ騒音で苦しまされるだけの“悪”」でございました。住民は新幹線の減速や騒音対策を求めて旧国鉄を訴えました。当初裁判所は「騒音や振動は、社会的な公益性を考えれば仕方がないこと」と住民の訴えを退け、この裁判は長く長く争われましたが、最終的には減速・騒音対策・慰謝料を旧国鉄が受け入れる和解が成立いたしました。この騒音訴訟は、(時間はかかりましたが)運良く落としどころが見つかった例。これは、時間の経過とともに新幹線の利便性が世の中に浸透していき、沿線住民の「新幹線=悪」という考えがほぐれてきた経緯もございます。この訴訟は、ワタクシの地元名古屋でのお話し。でも、この訴訟が名古屋のような大都市の問題ではなく、新幹線の恩恵が少ない区間での訴訟だったなら、ひょっとして泥沼化していたかも知れませんよね。

 逆に、単なる訴訟が宗教戦争(的)にまで発展してしまった例を挙げるとすれば、成田空港の建設を思い浮かべるのでございます。あの時には、管制塔施設を破壊するというテロ行為にまで発展しております。あるいは、米軍普天間基地の移設はどうでしょう? あるいは今話題の「オスプレイ」は?「○○は悪だ」と思ってしまったら、もう落としどころは見つからなくなり、相手を粉砕するまで戦いは続いてしまうのでございます。先日も、原発比率の意見聴取会に中部電力の社員が選出されており、他の発言者から野次の袋だたきに遭っておりました。でもね、この時期に、新設してでも原発の比率を20%以上に維持しようなんて、原発あるいは電力会社の関係者以外は考えないでしょ。あの比率区分を設定した時点で、電力関係者があの区分で発言を求めてくるのは“当然”なのでございます。でもそれを当然と考えられず「やらせ」と考えてしまうのは、「電力会社は悪だ」という思い込みがあるから。ね、「○○は悪だ」という宗教戦争に持ち込んでしまったら、もはや冷静な判断や話し合いは不可能だって分かるでしょ。「どうして相手がそんな主張をしているのだろう?」といった“理解の窓口”を双方が開き、論理的に両者のメリット・デメリットを付き合わせなければいけないのでございます。

 脱原発のデモで、「子供の未来を返して!」って叫んでいる母親がおりますが、もうね、原発が再稼働すると必ず爆発するって前提で考えてる。その大前提、おかしいっしょ。あるいは「安全が確立してないのに……」と口角泡を飛ばす人がいる。そんな人に言いたい。安全が確立してないとは言うけれど、その確立してない安全でこの30〜40年間稼働させてきた“実績”は考えないのですか? と。原発がそんなに不安定な物ならば、世界中で何百基も稼働してないです。と言うか、そもそも、「確立された安全」って何? ってことになる。そこで、この「確立された安全」を、先ほどの新幹線に例えて、今後の日本の原発の“落としどころ”を考えるのでございます。

 日本の誇る技術、「新幹線」は、大変安全な乗物でございます。50年弱の運行で、死亡者が出るような悲惨な事故は1回も起きておりません。しかし、「遅れたり」「運休したり」ということは、それなりによく起こります。この遅れや運休を“小さな事故”だとすると、「多数の小さな事故は起こしても、大きな事故は絶対に起こさない」というポリシーで、新幹線はその安全性を保っているのでございます。このポリシーが、すごく大事。石橋を叩きすぎるくらい叩いて渡ることで、大きな事故に至るトラブルを、そのかなり早い前兆の段階で摘み取ってしまおうということでございます。では、原発はどうでしょう? 実は、原発は新幹線とは真逆。安全神話を守るため、とかく小さな事故を隠蔽しようとする体質がある。さらに、稼働率を絶対に下げないような指示が本社から来ていたために、原発を「止める」ということに実に臆病になっていた感がある。この「隠す」「止められない」という新幹線とは真逆の体質で、日本の原発は運営されてきたのでございます。

 さて、そろそろ、「落としどころ」を見つけていきましょうか。まず、原発運営側。こちらは、今申し上げましたように、新幹線タイプの安全管理に切りかえるべきでございます。怖がらずに、小さな事故はどんどんオープンに公表する。小さな問題が有れば、その後の損失や再稼働への手間ひまを惜しまずに、原子炉を止める勇気を持つ。と、同時に、現場の職員が、その停止に対する責任を取らないで済むようなシステムを作る。福島第一のメルトダウンでも、現場のことを一番よく分かっていたのは現場の職員でございます。その現場の職員が、本社や政治家の顔色を伺っていたのでは、冷静で正確な判断が下せるでしょうか。現場の職員に、ある程度の権限を持たせるべきでございますね。

 さらに、運営側にはもうひとつの歩み寄りが必要。全国の原子炉の「危険番付」を作るべきでございます。今、日本中の原子炉が、あの骨董品の福島第一の1号炉を基準に論じられております。これが、原発推進側にとっては大きな不幸。電力関係者が「原発の危険度が過大に評価されている」と言いたくなるのも分かるのでございます。そこで、日本中の原子炉を、その老朽度や立地条件を考慮して、危険番付を作るのでございます。より安全な原子炉は推し進めるべきでございますし、番付の下の方に位置する序の口原子炉に対しては、勇気を持ってさっさと廃炉にしてしまえばいい。電力会社は旧態依然のゴリ押し推進を改め、認めるべき部分は認め、引くべき部分は引くという、つまびらかな推進を考えるべきでございます。

 次に、脱原発側への、落としどころ。まず、先ほど申しましたように、「原発=悪」という宗教的感覚を改め、(新幹線騒音訴訟のように)非常に公共性の高いものへの判断をしているのだという認識を持つ必要がございます。また、原発比率聴取会のテーマが18年後の2030年をターゲットにしていたように、脱原発というのは何年で実現するかということが非常に重要なのでございます。性急な脱原発ほど、日本の経済を大きく圧迫いたします。代替エネルギーとのバランスを取りながらのゆっくりした脱原発も可能ですが、それは数十年というスパンで考えなければなりません。脱原発と経済の疲弊をどこでトレードオフするか、そして何年(何十年)で実現するのか、そういったところまで深く論じて欲しいのでございます。ワタクシもお店を経営しておりますが、従業員は「今」を大事に考える。だから、今が良くなるような要望をお店に突きつけたりいたします。ところが、お店は数ヶ月先や一年後を見越して計画を立てたりしております。そこで、従業員とお店との意見の衝突が起きたりする場合もございます。脱原発に関しても、「今」ばかりを考えるのではなく、数十年後も視野に入れて考えるべきだと思うのでございます。

 さらに、もし原発が先ほどの「新幹線型の安全管理」に移行しましたら、当然、今まで隠蔽していた小さな事故が多く発覚いたします。その小さな事故に対して、過剰に反応してはいけないということですね。小さな事故の発覚は、大きな事故を未然に防いでいるのだと考えて、むしろその小さな事故の発覚を、原発のオープン体質の現れとして歓迎すべきでございます。この際、放射性物質が原子炉から漏れたとしても、原発の施設内の汚染で防げれば「良し」とする、それくらいの気構えが必要でございます。推進側が「絶対に安全」というハッタリを捨てることも必要ですが、脱原発側が「少しぐらいの事故は起こるもの」という許しも必要なのでございます。そして、安全管理というものは、事故が起きる度にそれを反省材料とすることで、その安全性を改善していくことが出来るのでございます。だから、「小さな事故はむしろ歓迎すべきもの」という考えは、脱原発側、推進側、両者が共通して持っていい考え方なのですけどねぇ。

 長い文章を、最後まで読んでいただいて、ありがとうございました。日本の高度成長は、公害や騒音や住民被害など、多くの犠牲の上に成り立っております。高度成長期には、「日本が成長するためには、多少の犠牲は仕方がない」という趣旨の訴訟判決が下りることも少なくなかったのでございます(※)。ところが、その多くの犠牲があったからこそ、日本はGNP2位となるほどの超大国にまで成長できたとも言えます。日本の高度成長は、こんな内部矛盾を秘めた成長なのです(今の中国と似てますよね)。現状の脱原発問題も、同じような内部矛盾に直面しております。経済が疲弊している現在、原発を止めてもっと疲弊させるのかという考え方。一方では、多少の“我慢”が発生しても、生活の安全が第一だという考え方。数十年後の日本の未来を考えながら、日本中が冷静に考え、落としどころを見つけていかなければならない問題だと思っております。ではでは...

(※最近は、住民側に有利な判決が出ることが多くなっております)

|

« ♪生まれた時が悪いのか〜〜ってかぁ | トップページ | チャレンジし続ける人は、一生青春 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: さすがに「電気は悪」と考える人はいないですよね、でも...:

« ♪生まれた時が悪いのか〜〜ってかぁ | トップページ | チャレンジし続ける人は、一生青春 »