« “失敗できる”というのは、実は幸せなこと | トップページ | 放射線よりも、怖いもの »

2011/03/24

ちょっと計算してみました

 わたくしが住んでいる名古屋市では、震災による深刻な影響は受けていないのですが、関東地方の方々は大変でございますよね。特に、水道水で放射性物質が発見されて、みなさん、ペットボトルなどを購入するのに苦労されているようでございます。これには、この放射性物質というものがどんなものかよく分からないところにも、不安を大きくする原因があると思うのでございます。それで今回は、その不安を少しでもやわらげようと思いまして、ワタクシなりに放射性物質について説明してみるのでございます。

 会見などの説明はどうも分かりにくく、不必要に不安を煽っているような気がするのでございますよね。「直ちに人体に影響が出る数値ではない」なんて言ってますが、その曖昧な言い方が良くないのでございます。ここは、ハッキリと数量的な表現をした方が過剰反応を防げると思うのです。しかし、放射能(放射線)の単位の表し方が、ちょっとややこしいのでございますよね。そこで、かんな風に理解してみてはどうでしょうか。

 まず、「シーベルト」という単位ですが、これには「マイクロ」と「ミリ」のふたつの単位があって、これが分かりにくくしている。ですから、ここでは、「マイクロシーベルト」に統一して、お話しいたします。また、被曝量を表す時の数字の分母が、「1年」だったり「1時間」だったりして、これまた比較を難しくしている。そこで、ワタクシはこの放射能(放射線)を、お店などのポイントカードに例えるのでございます。

 ここにポイントカードが1枚有ると思ってくんなまし。そのカードに溜まるポイントを、受けた放射線に例えるのでございます。で、このカードに10万ポイント溜まると、チョット健康に影響が出てくる。数百万ポイントから一千万ポイントが溜まってしまうと、生存が危ういほどのダメージを受ける、まず、この大前提を覚えておいて下さいませ。

 それで、自然界には自然に存在する放射能というのがございまして、この自然放射能をポイントに換算すると、一日分が約6.6ポイント。つまり、このカードは何もしなくても毎日6.6ポイント増えていくわけでございますね。すると、40歳を超えたあたりで、10万ポイント達成。ちょうど体にガタが出てくる年齢でございます。では、40歳ぐらいで体にガタが出てくるのは、この自然放射能の影響かと申しますと、そうではない(キッパリ!)。

 この10万ポイント(マイクロシーベルト)という数字、一度に浴びると何らかの影響が出る数字ですが、ところが人間の細胞には修復・再生する能力がございまして、ゆっくり浴びる分には、この修復機能がかなり有効に働くのでございます。もっともこの自然放射能、100歳まで生きたとしても24万ポイント。大きなダメージを得る数字には、まだまだ余裕があるのでございます。放射線というのは、微量を浴びる分には体に良いという説もございます。「ラドン温泉」なんていうのは、微量の放射線を帯びた温泉で、「放射線泉」と呼ばれております。

 さて、会見などでよく引き合いに出される「東京・ニューヨーク間の航空機往復」でございますが、これが200ポイント。1回往復すると、カードに200ポイント加算されるわけでございますね。また、胸部CTスキャンが1回6900ポイント。これはかなり大きいが、複数回行わなければ十分に余裕のある数字でございます。

 このように、「シーベルト」という単位は、放射線を浴びたときに、前述したポイントカードにどれくらいポイント加算されるかという数字なのでございます。この単位には必ず分母がありまして、「1年に○シーベルト」とあれば、1年かけてゆっくりポイントが加算されます。あるいは「1時間に△シーベルト」という場合に、30分しかその場所にいなければ、受ける放射線は半分になるのでございます。シーベルトという単位を読むときには、その分母も考慮してどのくらいの速さでポイントが加算されていくのかを考える必要がございます。

 さてさて、ほうれん草などでは「ベクレル」なんて単位が出ております。このもうひとつの単位が出てくるために、放射能が分かりにくくなっております。このベクレルは、電球のワット数に例えるのでございます。そこで、まず大きな大前提。人間はみんな、その体重に応じて、6000〜7000ワット(ベクレル)の輝きで光り続けているものだと思って下さいませ。恋人と抱き合っているときは、お互いに6000ワットの電球(放射性物質)を抱いているのと同じなのでございます。この電球(放射性物質)の光を浴びると、前述のカードにポイントが加算されていくのでございますが、電球というのは離れてしまうと暗くなりますよね。つまり、電球に近づくとたくさん速く加算され、離れればゆっくりになり、十分に距離を置けば加算されなくなるのでございます。

 水道水から見つかった数字が100〜220ベクレル(/1kg)ほど。これは、人間本来の輝き(6000〜7000)からすればそれほど影響は少ない。ただし、この人間が元から持っている放射線はその体重によって計算されまして、乳幼児ではその体重比を考えると300〜600という数字になってしまう。これを考えると、水道水の100〜220という数字は、ちょっと避けた方がいいという判断が出来ますよね。でも、「他に飲むものがなければ、飲ませてもいい」という報道もされております。「エッ? 大丈夫なの?」と思われるかも知れませんよね。それを、説明いたしましょう。

 このベクレルという単位を、先ほど申しましたポイント(に換算する式がございます。この水を「飲んだ」場合、そのヨウ素に関しましては、

  [ベクレル × 0.022 ]マイクロシーベルト

という式で、計算できます。220ベクレルの水道水1kg(=1リットル)で計算しますと、4.84ポイント(マイクロシーベルト)。大人の場合、1日に2リットルの水を飲んだとして約10ポイント。乳幼児ならば、1日に500cc飲むとして2.42ポイント。自然放射能の毎日6.6ポイントに比べれば、ビックリするほど大きな数字ではございません。「他に飲むものがなければ、飲ませてもいい」という報道の根拠は、ここにございます。もちろん、お風呂のように浴びるだけの水の場合は、受けるポイント(シーベルト)は極端に少なくなりますから、心配する必要はまったくございません(キッパリ)。

 では、どうして、それほど大きな数字ではないのに政府が用心深く報道しているかというと、安全かどうかの判断をする指標の「暫定規制値」を、「1年」という単位で決めてしまったからでございます。つまり、1㎏(=1リットル)を1年間続けて摂取した場合で基準値を決めてしまったのでございます。「暫定」っていうぐらいですから、以前から決めていたわけではなく、今回慌てて定めた数値。まぁ、これを機会に、この様な基準値は「継続的に摂取する場合」と「一時的に摂取する場合」の二通りの基準を設けておいた方が良いようでございますね。

 どうでしょうか、この様にはっきりと数字で表すと、その危険性が分かりやすいのでございます。例えば、賞味期限で単純に「新しい」「古い」って書いてあるだけだと、すごく心配になりますよね。でも「賞味期限○月○日」って書いてあると、その日付までは万感の信頼を得て食べますが、1日でも過ぎると、とたんに心配になってしまう。でも、その日付を過ぎたとたんに急に痛み始めるわけではございませんよね。この様に、曖昧な表現をせずにどこかで“線引き”をしてやると、不思議に安心感が出るのですよね。今回の食品に関する報道でも、「直ちに体に影響する〜」なんて曖昧な表現ではなく、「体重○○キロの人は、1日に△△グラム(リットル)までは摂取して大丈夫」なんていう表示にすると、あまり不安を煽らなくて済むような気もするのですが、どうでしょう?

 長々と説明してまいりましたが、少しは安心していただけましたでしょうか。放射線の影響をカードのポイントに例えてお話しいたしましたが、このポイントが溜まるということが、すぐに死に直結するわけではございません。多くの放射線を浴びると癌の発生率が高くなるとは言われておりますが、健康体の人が放射線を受けたためにいきなり末期癌になるということはございません。この場合も、もし、放射線による影響の心配があるならば、こまめに検査をすることで癌を早期発見するという事後策もございます。現在の癌は、早期発見出来ればそれほど怖くないのでございます。

 ちょっと長くなりましたが、ワタクシなりの説明をしてみました。こんな時ですから、風評に惑わされず、冷静に行動したいですよね。ではでは。

|

« “失敗できる”というのは、実は幸せなこと | トップページ | 放射線よりも、怖いもの »

コメント

とても親しみやすい説明で、なんだかホッとしました。
難しいけど、少しずつ、少しずつ、前に進んでいきます。
ありがとうございます。

投稿: うだ | 2011/03/28 18:54

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ちょっと計算してみました:

« “失敗できる”というのは、実は幸せなこと | トップページ | 放射線よりも、怖いもの »