« 生き方いろいろ、そして相性というもの | トップページ | 「すする」という行為には、日本の悲しい歴史が »

2010/10/07

おめでとう、おつかれさま、ありがとう

 先日のこと、朝起きたら、池内淳子さんの訃報が報じられておりました。いつも健康的な顔をしていらっしゃった女優さんで、病人の役をやっても病人に見えないなんてこともございました。けれど、人間はいつかは必ず死ぬものですからね。ご冥福をお祈りいたします。

 ワタクシは人の死に対面いたしますと、心の中でつぶやく言葉がございます。

 「おめでとうございます。お疲れ様でした。そして、ありがとう」

 もちろん、葬式の場で「おめでとう」と声に出して言うわけではございませんよ。でも、心の中でつぶやきます。なぜ「おめでとう」なのか。それは、死ぬということは楽になることだからでございます。よくギャングが「とどめを刺して楽にしてやれ」なんてセリフを吐くでしょ。ほらね、死ぬってことは楽になることなんですよ(ちょっと、例えが悪いかも)。と同時に、生きるということは辛いこと。でも、決して自殺を勧めているわけではございませんよ。人間は、最後に死ぬという大前提のもと、生きているんですよ。そして死ぬときは裸、天国へも地獄へも、何も持って行くことは出来ないのでございます。

 よく葬式の場で「この度はご不幸で…」なんてことを言いますが、不幸という感情は残された人たちの別れの寂しさであって、逝ってしまった人はむしろ楽になってめでたいのでございます。つまり、「不幸」と思う気持ちは、残された者のエゴなんですよ。死んで楽になったのだから、おめでとうと言うのが正しい(あ〜、不謹慎なのは分かってます)。蓄えた財産や家族と別れるのは本人も辛いだろうと思われるかもしれませんが、死ぬときは裸で何も持って行けないというのは生まれたときからの大前提。最初から決まっていたことですから、損も得も、嬉しいも悲しいもないのでございます。そして、あなたと同じ時間に生きられたこと、あなたからいろいろなものを頂いたということに、「ありがとう」と言う。だから、「おめでとう、お疲れ様、ありがとう」なのでございます。

Setsugudou_2 ちょっと話は飛びますが、マナー講師の「平林 都」さんという方が、接客業では過去形の「ありがとうございました」は絶対に使ってはいけないと申しております。「ありがとうございます」という言葉には、まだ感謝や接客が続いているという空気がございます。しかし、「ありがとうございました」という過去形の言葉には、感謝が切れ、接客が終了したことを連想させてしまうからだそうでございます。「〜ました」は、けっして間違いではないのですが、どちらが“より美しいか”と考えると、「〜ます」の方に軍配が上がるような気がいたします。

 閑話休題、さしずめ、“この世”との縁が切れ“あの世”へ旅立った人を見送る時には、「ありがとうございました」でよろしいのでしょうかねぇ。池内淳子様、ほんだしのCMを始めいろいろ楽しませて頂き、ありがとうございました。生きるということ、お疲れ様。そして、おめでとうございます。

|

« 生き方いろいろ、そして相性というもの | トップページ | 「すする」という行為には、日本の悲しい歴史が »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: おめでとう、おつかれさま、ありがとう:

« 生き方いろいろ、そして相性というもの | トップページ | 「すする」という行為には、日本の悲しい歴史が »