« 置いとけば何かの役に立つかも、ついそう思っちゃいますよね | トップページ | ジャパン・アズ・ナンバーワン・アゲイン »

2010/04/21

美学というのは前向き、けれど美化というのは後ろ向きな考え方

 ワタクシも若いころ作曲の勉強をしておりましたが、気持ちの良いメロディーラインというのはある一定の法則がございまして、その法則に従って作曲いたしますと、意図せず他の曲と似てしまうことが有ったりいたします。また、過去にどこかで聴いた曲のメロディーが深層心理の奥底にこびりついており、その煮凝りのような記憶がいつの間にか溶け出して使ってしまうということもございます。ただ、こういった場合は、「なんとなく似ている」とか「部分的にそっくり」ということになるのですが、「ほとんど同じ」あるいは「伴奏までそっくり」ということになると、「盗作疑惑」ということにまで発展いたします。

 過去の有名な例で申しますと、岩崎宏美の「聖母(マドンナ)たちのララバイ」、八神純子の「パープルタウン」などがございます。これらは結局、作曲者や題名に“疑惑元”を併記することで解決しております。最近では、松本零士と槇原敬之との、実に“大人げない”戦いがございました。漫画と歌謡曲というジャンル違いの戦いで、どうしてあんなに揉めることになるのか、不思議でございました。

 で、話は今話題の上海万博のテーマソング。これが、実に面白いことになっております。盗作疑惑で中国側がいったん使用停止にしましたが、“疑惑元”の岡本真夜があっさり許しちゃいました。実際に聞き比べてみると、“疑惑”どころか“そのまんまパクリ”なのでございます。この件に関しては、中国の対応は迅速でございましたねぇ。吉野家の牛丼なみの速さなのでございます。これはきっと、何かありますよ。先日の餃子事件の犯人が逮捕された件も、その直後に日本人死刑囚が処刑されましたからねぇ。こうやってすぐに非を正す場合ってのは、その陰でもっとスゴイことをやっちゃってたりするんですよね。まぁ、あくまでも推測のお話でございますけどね。

 中国は数年前から、コピー商品に対して厳しく取り締まり初めております。多分、北京オリンピックそして上海万博を見越して、国際化するための必須条件だと認識しているのと同時に、上海万博をなんとか完璧に成功させたいという強い願いがあるのでしょう。それゆえの、今回の迅速な対応なのだと思います。なんかいろいろツッコミたかったけど、こうあっさりと解決してしまうと、ちょっと損をしたような気分でございます。

 ここは、相手の弱みにつけ込み、上海万博に便乗したかったですよね。「盗作、あぁ、かまへん、かまへん。そんかわり、日本もちょいと商売させてもらいまっせ」みたいなノリで便乗商法するのでございます。まず、当の話題の人「岡本真夜」を持ち出しまして、上海万博テーマソングの日本語バージョンの売り込みでございます。いや、岡本真夜ひとりでは弱い。日本の歌手を総動員しての大合唱。気分は「We are the World」なのでございます。それこそ弱みにつけ込んで、やりたい放題するのでございます。

 さらに、上海万博には日本のパビリオンもございまして、多くの日本企業がスポンサーとなっております。この盗作問題にかこつけて、日本企業がつけ込むチャンスでございます。「上海万博御用達」というやつでございますね。そうそう、パビリオン建設の際も、いろいろと融通をきかせてもらわなければなりまへんなぁ(時々、にわか関西弁が混じりますが、気分でお読み下さい)。ということで、権利を主張するばかりが能じゃない。相手の弱みにつけ込んで商売に繋げられたら良かったねというお話でございます。

 ただね、今回、あまりにも岡本真夜側があっさり認めちゃったのは、何かしらの大金が動いているのかな...なんてゲスな想像をしちゃうのはワタクシだけでしょうか。中国側も、万博直前にして時間のかかる訴訟問題にしたくないでしょうしね。ちょっと心配なのは、テーマソングの作曲者。かの国は“銃殺刑”がありますからねぇ。まさか、これぐらいで死刑にはならないでしょうが...でも...ひょっとすると...最初から“作曲者”なんて存在しなかったのかも...おっとぅ、ワタクシもまだ命が惜しいので、この話はこのぐらいにしておきましょうか。

 今の中国は、ちょうど日本が東京オリンピックや大阪万博をやっていたころに相当するのでございましょうか。日本も、高度成長、電子立国と呼ばれたころは、欧米諸国に対して大きな脅威を与えていたものでございます。しかし今や立場は逆転し、日本が中国の後を追いかける時代になってしまいました。平家物語の「盛者必衰、常なるものは無し」という無常観の心境でございます。

 ちょっと脱線。日本にはそんな「敗者の美学」があるにも関わらず、政権交代直後の自民党は“投げやり感”満載で醜態をさらしておりました。与党となった民主党は民主党で、闇雲に過去の経緯を全否定し、おこずかい問題を指摘されると、自分の立場を美化するばかり。負けた方は卑屈になり、勝った方は自身の非を棚に上げて盛大にガッツポーズを取るばかり。こんな国が外国人力士に品格ドウタラと言っているのは、笑っちゃうのでございます。

 閑話休題。中国を追いかける立場となってしまった日本ですが、ここは嘆いてばかりで醜態をさらしてはいけません。したたかに行動して、「ジャパン・アズ・ナンバーワン」ともう一度言わせたいものでございます。「日本の本当の実力はこんなものじゃない」と変に美化しておりますと、取り返しのつかないことになっちゃいますよ。ここは、恥も外聞も捨ててガムシャラにならなきゃいけないのですが...世の中のエネルギーのほとんどは、ネット通信やゲームに注がれているのでございますよね。

 かつて中国にアヘンという麻薬が入ってきたとき、中国はその国力を衰えさせるアヘンに驚異を覚え、戦争までしてアヘン締め出しをしております。今の日本は、ネットとかゲームという麻薬にやられちゃってませんかねぇ? アヘンのようなはっきりとした麻薬なら分かりやすいのですが、ネットとかゲームは、“いかにも無害に見えます”からね。登りつめたあと目標を失ってしまった感がある日本ですが、“中国を追い越す”という新たな目標が出来たのですから頑張りましょうよ。それとも、この期に及んで、「まだまだ、日本は中国なんかに...」と美化し続けますか?

 無常観を代表する花といえば桜。その桜の花でさえ、一度散ってしまっても、次の年には新たな花を咲かせるでしょ。ねっ、ねっ。

|

« 置いとけば何かの役に立つかも、ついそう思っちゃいますよね | トップページ | ジャパン・アズ・ナンバーワン・アゲイン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 美学というのは前向き、けれど美化というのは後ろ向きな考え方:

« 置いとけば何かの役に立つかも、ついそう思っちゃいますよね | トップページ | ジャパン・アズ・ナンバーワン・アゲイン »