« 金にはかえられない、そう思ったかな | トップページ | 今だからこそ、観てもらいたい映画がございます »

2010/02/16

ユニフォームがダサいのも、事業仕分けの影響かな?

 オリンピック、やってますねぇ。さっそく、服装で注意されて話題になっている選手がいるとのこと。この選手のことを話し始めると、結局、朝青龍と同じ話になっちゃうような気がいたします。まぁ、橋本聖子さんが、上手に収めましたね。そもそも、あの日本代表のユニフォーム、ダサ過ぎるのでございます。まるで高校生の制服のよう。あれじゃぁ、着崩してオシャレをしたくなるのも無理はございません。もっと斬新でスキの無いデザインなら、今度は逆に着崩すほうがかっこ悪くなってしまうのでございます。問題の発端は、あのユニフォームのデザインに有り、ワタクシ、断言しちゃうのでございます。

 関係者も、頭ごなしに注意したかもしれませんよね。むしろ、あの着崩し方を「個性」「オシャレ」として褒め、相手の心を解きほぐし距離感を無くしておいてから、やんわりと説得する。そんなやり方だとうまくいったかも、なんて思うのでございます。ただ、あの選手の「引き算のファッション」というのも芸がない。着ているものをただ崩すというのは引き算のファッション。与えられたユニフォームはきちんと着て、その上にラフなものを“加える”という「足し算のファッション」だったら、それほど目くじらは立てられなかったはずでございます。まぁ、気持ちを切り換えて、競技の方、頑張ってくださいませ。頑張れ、ニッポン、頑張れ、ニッポン。

 あ〜、でも、あの選手には、アスリート独特の「すがすがしさ」が無いですねぇ。これが残念。すがすがしさの無いアスリートってのは、カニ風味しか入っていない‘かに鍋’のようなものでございます。スノーボードという競技の性質上、あまり体育会系の風にさらされていないのでございましょう。というか、ファッションまで採点対象になるようなスノーボードという競技には、体育会系の雰囲気というのは、あまり似つかわしくないかもしれません。さぁこの後、彼はどんな成績を残すのでしょうねぇ。そして、オリンピック終了後、どんな風に変化しているのでしょうねぇ。世の中、叩いたり批判することばかりは熱心ですが、この小事件で彼がどのように成長するか、そんなところへ、もっと注目しましょうよ。

 さて、先ほど話しました、「まず褒めてから説得する」という方法、ワタクシもついこの方法を忘れて、頭ごなしに従業員を叱ってしまうことがございます。叱って相手を意気消沈させてしまうというのは、お仕事的にもマイナスでございます。頭ごなしに叱るというのは、動物がボスを決めるのと同じ心理。相手より上位であることを誇示したいという欲求の表れでございます。そんな叱り方は、叱った後に非常にあとあじの悪さが残るものでございます。

 逆に、注意する前にまず褒めるというのは、かなり心のエネルギーが必要でございます。ジリジリする気持ちをグッと飲み込んじゃうのでございます。エネルギーが必要で苦しい注意の仕方でございますが、あとあじは決して悪くございません。余裕があるときはこういった注意の仕方が出来るのですが、体調が悪かったりすると、難しいですよねぇ。ついイラッとして怖い顔をしちゃったりすることもございます。従業員に言わせると、ワタクシの怖い顔というのは本当に怖いそうでございます。怖がらせたりしていけませんね。自戒、自戒。

 それから、注意するときには「○○しちゃダメ」という言い方ではなく「○○よりは△△した方がいいよ」という言い方が出来るように、努めております。「しちゃダメ」という非定型ではなく、「こうした方がいいよ」という誘導型の注意で、相手が気持ちよくなるような言い方をするわけでございます。こちらも注意事項をよく伝えられ、相手も気分がいい。最近よく言われる「ウィンウィンの関係」っていうやつでしょうか。これも、自分に余裕がないとつい忘れがち。結論、自分の頭に血が上っているときには、他人に接しない。これ、最高。

 ということで、みなさんも職場での人間関係、子供のしつけなど、よろしければ参考にしてくださいませ。ではでは。

|

« 金にはかえられない、そう思ったかな | トップページ | 今だからこそ、観てもらいたい映画がございます »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ユニフォームがダサいのも、事業仕分けの影響かな?:

« 金にはかえられない、そう思ったかな | トップページ | 今だからこそ、観てもらいたい映画がございます »