« 愛情飽和度100パーセントの人生 | トップページ | ぶっつけ本番の、一幕ものの一人芝居 »

2009/04/29

秒進分歩の時代に7年越しの計画ですか?

 本日は「みどりの日」ということで休日、ゴールデンウィークに突入なのでございます。すでにさっさと旅行にでかけちゃった方、自宅でテレビを見ていらっしゃる方、いろいろでございましょう。ワタクシ名古屋薫はと申しますと、ゴールデンウィークもぶっ通しでお仕事三昧。世の中が遊んでいるときに忙しくなるという、サービス業の宿命なのでございます。

 さて先日は、日本のテレビ業界を大きく揺るがす大ニュースがございました。SMAPの草ナギ剛さんが大トラになってトラ箱に入れられたとのこと。なんだか逮捕とか家宅捜索とか大変な騒ぎでございます。どうしてこんなに処分が重いのでございましょうねぇ。なんか、警察の各区域ごとに「どこが一番有名な人を逮捕できるか」なんて競争でもしていたのでしょうか。逮捕した赤坂署には、かなりの抗議電話が殺到したようでございます。

 この騒ぎで、ちゃっかり行動しているのがフジテレビ。「今回の件で事務所に賠償金は請求しません」と、早々と決めております。ジャニーズ事務所ってのは何かと注文の多いところだそうで、フジテレビとしてはここでキッチリ恩を売っておいて、今後のタレント利用を有利に運ぼうというもくろみでございましょう。ジャニーズは、SMAP以外にも有力なタレントを多く抱えておりますからね。「草ナギの件、目をつぶったんだから、今度はこちらの注文、聞いてよね」といったところでしょうか。

 その草ナギ事件を耳にして、鳩山さんがこれまた脊髄反射で批判がましいことを言いまして、ヒンシュクを買っております。もうちょっと様子を見ながら、そして言葉を選びながら発言すればいいのに、どうして思ったことをツルッと言葉にしちゃうのかなぁ、政治家のくせに。ひと昔前にゃぁ「駐車違反ぐらいなら政治家に頼めばもみ消せる」なんて言われた時代もございました。その感覚で今回の事件も“もみ消し”にかかればよかったのにね。この草ナギ事件が大きくなると、地デジ移行がらみのポスター全張り替え、CM取り直し、そういった費用は税金から出るわけで、国民の血税の重さを自覚していたのなら、クールダウンさせる発言こそすれ、火に油を注ぐような言い方はいけないでしょ。こんな時こそ、政治家お得意のしたたかな洞察力を発揮していただきたいのに。

 草ナギ剛さんがどのくらいで復帰してくるかは分かりませんが、復帰後最初の出演は、公共広告機構からアルコール依存症がらみのCMとかいいのではないでしょうか。説得力があると思いますけどねぇ。ひょっとしたら、草ナギさん、アルコール依存症の一歩手前まで行っていたのかもしれませんね。この時期に逮捕されたというのは、本人にとってプラスだったんだと考えましょう。まだ再スタートが出来る年齢ですからね。

 さて、その草ナギさんが大使を務めている地デジ移行でございますが、この事件が多少影響はするのでしょうが、移行そのものは予定通りに2011年に実施される可能性が濃厚でございます。ワタクシがすんでいるお部屋のビルも、共同アンテナに地上アナログ、地上デジタル、BS、CSとフルメニューが入っております。ところがところが、ビルが古いため、その壁の中を走っている配線も古く、せっかくフルメニューの共同アンテナも、お部屋によってはBSやCSがレベル不足で見られなかったりしております。せっかくフルメニューの共同アンテナがあるのに、BSやCSを見るためには自前のパラボラアンテナを必要とするチグハグな状態で、なんだかなぁなのでございます。

 この地デジへの移行と似たような事情を持つメディアに、「有線放送」というものがございます。店舗などのBGMは、この有線放送を利用しているところが多いのでございます。長らく、この有線放送というものは、各店舗を電線でつないでおりました。しかし、街中に張りめぐらされたその電線が各所で老朽化し、やはりレベル不足で不安定な状態なところが多いそうでございます。そこで有線放送の会社は、その電線をインターネット回線や衛星回線、無線といったものに交換し始めているそうでございます。ワタクシがニューハーフデビューしたころのお店は、有線放送が4チャンネルぐらいしか有りませんでした。ところが最近では、一台のチューナーで400チャンネルほどの内容を聞けるのが当たり前でございます。どうやってひとつの回線にそれほど多くの情報を盛り込めるのか分かりませんが、情報伝搬技術の進歩は、すさまじいのでございます。

 今や、数百チャンネルもある有線放送がインターネットでつなげられる時代でございます。同様に、テレビ番組なども、インターネットを利用して配信する方法もございます。総務省が躍起になって進めている地上デジタルへの移行、やたらアンテナのことを強調しておりますが、ひょっとしたら2年後の2011年には、アンテナよりもインターネットを利用した視聴の方がメインになっている可能性もあるのでございますよね。NHKが苦労して開発したハイビジョンテレビも、さあ実用化という段階には世の中のデジタル化の勢いに先を越され、すっかり過去の技術になっておりました。電波を使った地上デジタルという配信方法も、2011年には過去の技術になっていなければいいのですけどねぇ。

|

« 愛情飽和度100パーセントの人生 | トップページ | ぶっつけ本番の、一幕ものの一人芝居 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 秒進分歩の時代に7年越しの計画ですか?:

« 愛情飽和度100パーセントの人生 | トップページ | ぶっつけ本番の、一幕ものの一人芝居 »