« 人間にやさしい機械のススメ | トップページ | ♪勝ったぁ〜、負けたぁ〜と、騒いじゃい〜るぅがぁ〜 »

2009/03/10

田中角栄は、大悪と大善だったのでややこしい

 エヘヘ、政治の世界は面白くなってきましたねぇ。例の建築会社の政治献金の件でございます。いや、誤解を招くといけませんのであらかじめ断っておきますけど、ワタクシ、別にどこどこの政党を支持しているとかはございません。ただ、今まで防戦一方だった側が、この件で一気に鬼の首を取ったような勢いでまくしたてております。そんな方々にこんな言葉をお送りいたしましょう。「あすは我が身」という語でございます。

 今回の逮捕がいったいどれほどの大事件なのかは分かりませんが、政界のみなさま方、みんな叩けばホコリが出る体のはずでございますよねぇ〜。政界の世界でも「清く正しく美しく」というのが「理想」ではございましょう。ところが、現実問題として、そんな“きれい事”だけではすまされないのでございましょうね。ワタクシ、素直な意見を言わせていただければ、多少の「汚いこと」というのは、ある意味「必要悪」だと思っております。

 たとえば、一般的には政界とゼネコンとの癒着はよろしくないことでございますよね。でも、もし大きな風災害などが起きたときに、「重機を出せ、仮設住宅を作れ、普段、いい思いをしているだろ、こんな時こそ、一肌脱げ」とゼネコンを一喝して動かせる政治家がいたとしたら、それはそれで「有り」だと思うのでございます。つまり、将来を見据えた大きな善のためには、目先の小さな悪は“いたしがた無い”こともあるという考えでございます。

 ねじれナントカになってから、政治家の皆さん、実に混迷していらっしゃいますよね。そんなのを見ておりますと、国政を進めていく政治力には、有る程度の「独裁的」な構造は必要かな、なんて思ったりするのでございます。もちろん、独裁はいけないことでございますよ。じゃぁ、民主主義っぽく多数決で決めましょうってことになると、目先の頭数(あたまかず)を獲得することばかりにご執心。肝要なのは、政治家の皆さんに「大きな善」を見据えたマクロな眼識が有るかどうかなのでございますけどねぇ。

 最近の政治家の度重なる失言などを見ておりますと、あまり“したたかに”言葉を話しておりませんよね。これは、俗に言う「たぬきオヤジ」と呼ばれる人が政治家に少なくなったのでしょうか。国を動かすような人には、多少の「アク(灰汁?、悪?)」が必要なのかもしれませんね。そうそう、先日の酔っぱらって会見した大臣も、大きな善を見据えた業績を残していれば、酔ったぐらいの小さな悪は見逃してもらえたかもしれないのにね。

|

« 人間にやさしい機械のススメ | トップページ | ♪勝ったぁ〜、負けたぁ〜と、騒いじゃい〜るぅがぁ〜 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 田中角栄は、大悪と大善だったのでややこしい:

« 人間にやさしい機械のススメ | トップページ | ♪勝ったぁ〜、負けたぁ〜と、騒いじゃい〜るぅがぁ〜 »