« オカマにだって戦わなければならないときがある | トップページ | 9月が来ると… »

2007/08/31

愛情のない芸能記者にもの申す

さくらパパ、喋りすぎだよねぇ。週刊誌のゴシップなんてのは、匿名掲示板への書き込みと同じなんだから無視してりゃぁいいものをねぇ。でも、腹にすえかねたんだろうけど、ああやって反論していたらますます週刊誌にネタ振るだけじゃん。話が大げさになるほど週刊誌は売り上げにつながるから、もし仮に名誉棄損で損害賠償なんてことになっても、それまでの売り上げで十分ペイできる。出版社の策略に、まんまと乗せられちゃってるじゃん。まぁ、尊厳のない(にわか)国会議員にも問題があるけどさぁ、特に糾弾すべきでもない人の過去のアラをほじくり出して記事にするジャーナリストもどうかと思うけどなぁ。

こういった記事ってのは、たいてい「売られた」ことが多いんだよね。つまり、さくらパパが誰かに恨みを買っちゃって、その腹いせにネタを週刊誌に売られたっていうこと。売ったとか売られたとか、こんなのまるで恐怖政治じゃん。芸能界を恐怖政治状態にしている現在の芸能記者(もはやジャーナリストじゃないよね)ってのは、ほんとにどうにかなんないかなぁ。芸能記者にしてみれば芸能人ってのは記事のネタもとなんだから、持ちつ持たれつ、お互い共存状態でしょ。なんかエセ正義感振り回して裁判官気取りの記者連中が、まったく芸能界をつまらなくしたよね。

つまらないって言えば、朝青龍への取材。あそこまで追っかけて取材するか?! 朝青龍にもそりゃぁ非があるけど、犯罪を犯したって訳じゃないんだからさぁ。サッカーの一件は、外国人と日本人の感覚の違い、そして「相撲道」と「Sumou Sport」の違いから発生した「ちょっとしたすれ違い」なんだよね。話が大きくなるか小さくなるかなんて、芸能記者の書き方ひとつじゃん。

昔は横着な芸能人って多かったじゃん。その横着が武勇伝になるか糾弾になるかは記者の胸先三寸。相撲界にしたって、歴代の横綱がすべて模範生だったわけでもないでしょ。相撲界の火が消えちゃったら芸能記者や出版業界だってネタがなくなって困るわけでしょ。今の芸能記者の人たちには、「芸能に対する愛情」が無くなったね。ズバリこれが原因。「自分たちが芸能文化の一端を支えているという自負」が今の芸能記者にはない。「(雑誌が)売れればいい」と思ってる。ああ、やだね。

朝青龍の件に関しては、もっともっと書きたいことがあるので、それは別の回でお話しするということで。ニューハーフというのは外国人と一緒に仕事をする機会が多いので、朝青龍の件がどうしてあんなにこじれたのか、なんとなく分かるような気がするのでございますよね。

ではでは、次回をお楽しみに。今回は怒りにまかせた走り書きメールマガジンでございました。

|

« オカマにだって戦わなければならないときがある | トップページ | 9月が来ると… »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 愛情のない芸能記者にもの申す:

« オカマにだって戦わなければならないときがある | トップページ | 9月が来ると… »