« 5年目の朝−−9・11 | トップページ | 性転換女優「中村中」さんの紹介で〜す »

2006/09/24

技術革新は生き馬の目を盗む

読者のみなさま方、お久でございます。名古屋薫でございます。

海の向こうドイツで、大変な事故が起きたようでございます。実験中のリニアモーターカーが整備用車両に衝突して、30人以上もの死傷者を出したそうでございます。犠牲者の方にはお悔やみ申しあげるのでございます。

そういえば、愛・地球博のときにもリニアモーターカーが導入されたのでございます。まぁ、話題づくりには貢献したのでございますが、なにしろコストが掛かりすぎるのと、時間あたりの運べる乗客数つまり稼働率が悪すぎて、圧倒的に普通の電車とか地下鉄に負けちゃっているのでございます。愛・地球博の際も、地下鉄からリニモ(リニアモーターカー)への接続駅で大変な行列が出来たのは、ご存じのとおりでございます。

また、東京の大江戸線にもリニアモーターカーが使われておりますが、こちらは浮上式ではなく車輪付。推進力にだけリニアモーターを使った、普通の地下鉄でございます。リニアモーターカーのふたつの実用例をあげましたが、これらはリニアモーターカーの低速での実用であり、今回のドイツの事故車のような高速車では、またチョット事情が違うのでございます。

さてさてさて、リニアモーターカーの実験なんて、ワタクシが子供の頃からやっているわけで、もう何十年実験しているの? って感じなのでございます。最新式の新幹線が時速360キロを記録する世の中になったしまった今、リニアモーターカーの時速500キロという数字は、どんどん色あせてきているのでございます。まさに、鳴り物入りで登場し、最後は邪魔者あつかいをされて消えていった超音速旅客機コンコルド、その経緯を彷彿(ほうふつ)させるのでございます。

そしてさらにインターネットの高速化が、リニアモーターカーのような高速移動機関の開発には逆風となっているのでございます。つまり、ネットが発達したことによって、人間は急いで移動する必要がなくなってきているのでございます。むしろ、遠距離を高速で移動する技術よりも、通勤や通学に使用する近距離移動手段の充実の方が、実際には望まれているのでございます。ラッシュアワーで毎日苦しんでいらっしゃる方々には、切実な問題なのでございます。

長い年月をかけて研究したことが、さぁ実用化というときには色あせた時代遅れの技術になっているなんてことが、ここ最近では多いものでございます。天下のNHKが誇るハイヴィジョン技術なども、十分な日の目を見る前に、世の中のデジタルの風に押されて、デジタルハイヴィジョンへと移行せざるを得なくなったのでございます。

あと、音楽用のMDディスクなんてのもございます。iPodなどの出現によって、すっかり過去の道具に成り下がっちゃったのでございます。また、最近話題のブルーレイディスクとHD DVDの規格競争の問題も、うかうかしていると、そのどちらも時代遅れにしてしまうようなアッと驚く新技術がいつ発表されてもおかしくないのでございます。秒進分歩の現代技術革新は、生き馬の目を盗むのでございます。

とかく“組織”というものは、「世界初」とか、「世界最高」なんて言葉が好きなのでございます。上層機関がその“発”や“最高”を急ぐあまりに、現場の事情を無視した見切り発車があったとしたら... そしてその結果事故が起き、犠牲者が出たとしたら... あぁ思い出しちゃった。スペースシャトルの事故とかもありましたよね。あと、福知山線の事故とか……

エジソンが発明を重ねていたころに比べると、発明品の寿命ははるかに短くなり、実用化されるころには時代遅れになっているかもしれない、という時代になってまいりました。発明とか技術革新とかは、世の中の移り変わりに合わせて柔軟に対応していくことが必要なのでございましょう。そしてときには、実用化前に撤退ということも必要かもしれません。せちがらい世の中でございます。

「そんなちっぽけな星の上で、何を急いでいるんだい?」
30年かけて太陽系外へ出た宇宙探査機「ボイジャー」が、地球の方を振り返って笑っているかもしれませんね。

|

« 5年目の朝−−9・11 | トップページ | 性転換女優「中村中」さんの紹介で〜す »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 技術革新は生き馬の目を盗む:

« 5年目の朝−−9・11 | トップページ | 性転換女優「中村中」さんの紹介で〜す »