« ヴァーチャルネズミに託す夢は? | トップページ | 心地よきかなわが城 »

2000/07/23

ニセ名古屋薫は花か刃物か?

さて、今回はなにやら物騒な題名でございます。なにやら、ワタクシの名を騙(かた)るコマッタちゃんが出現したようなのでございます。事の発端はちょっと前に、ある方から頂いたメールでございます。まずは、そのメールを紹介いたしましょう。

○あるAさんからのメール
 先ほどは、チャットでありがとうございました。
 早速ホームページを見させていただきました。
 全然おばさんじゃないじゃないですか!
 「お美しい限りです」
 それでは...

ワタクシ、このメールを読んですぐ、「オヤッ」と思ったのでございます。なぜなら、ワタクシ生まれてこの方、‘チャット’なる物をしたことが全くないのでございます。ワタクシ、根っからの貧乏性なのでしょうね、電話回線を繋いだままゆっくりとおしゃべりするということが出来ない性分なのでしょう。それゆえ、チャットなる物、ずっと避けてきたのでございます。また、つい前日も「不法なメール」騒ぎで疑心暗鬼になっているワタクシ、「また怪しいメールか?」と、チョット警戒しちゃったのでございます。

そして、この私の名を騙るフトドキ者、じぶんの事を「おばさん」とAさんに紹介しているではございませんか。自分で自分のことを「おばさん」と呼ぶ分には何ら問題はないのでございます。しかしながら、他人様に「おばさん」と呼ばれると、ちょっとカチンときてしまう、これ人情でございます。

ただ、このAさん、チャット終了後にワタクシのホームページをご覧になったのでしょう。「お美しい限りです」と感想をもらしております。さすがAさん、お目が高い! この言葉でワタクシ、心が救われるのでございます。考えてみれば、他人様に自分を紹介するときに、まず、思いっきり謙(へりくだ)って自分のことを「ブス」だ「オカメ」だと言っておくのもひとつの手でございますね。そうしておけば、ワタクシのような“ソレナリ”の者でも、実物を見たときに“超ソレナリ”に見えるものでございます。

さて、事件の全貌は以上のような次第。ワタクシ、自分の名が騙られるということはチョット不愉快でございます。しかしながら、特筆すべき点といたしましては、このニセ名古屋薫に対して、Aさんが好感を持ったということでございます。ワタクシはっきり申し上げましょう。

『人に好感を持たせられるような方なら、堂々とご自分のお名前で語りなさい』

ということでございます。人に好感を持たせられるということ、これすなわち人を感動させられるということでございます。人を感動させられるということ、すなわちすばらしい心の持ち主であるということでございます。どうして、そのようなすばらしい心の持ち主が、名を騙らなければならないのでしょうか? おそらく、チョットした遊び心なのでございましょう。しかし、名を騙られたワタクシにとってはあまり良い気持ちではございません。

近頃では、インターネットや携帯電話の普及に伴って、メールでの‘匿名性’がドンドン強くなっております。ワタクシに送られてくるファンレターの中にも、架空のアドレスを使ってメールを送ってくる方も時々ございます(それはそれで、特に問題はないとワタクシ思っております)。また、ワタクシの友人などは、「困っちゃえば番号変えちゃえば良いのよ」なんて言いながら、伝言ナントカというのに、自分の番号を宣伝しまくっている友人もいたりするのでございます。

また、匿名性が高いと、人間ついつい“演出”をしたくなるものでございます。「本当はこんな人間になりたい」とか「日記にはこう書いておこう」なんて調子のいい部分、(ワタクシも含めて)誰でも持っているのでございます。アドレスや電話番号が、“個人の大事な秘密”から、“単なるポストのひとつ”になっていく今日、そんな人間の‘演出願望’はドンドン拍車がかかっていくのかもしれません。

ただ、演出するということ、人間がより人間らしく生きていくためには絶対に必要なことでございます。以前申し上げましたように、人を感動させたいと思うからそこに演出したいという気持ちが生まれるのでございます。「日記にはこう書いておこう」とか「本当はこうあって欲しい」という気持ちが、文学や美術や哲学を生み出すのでございます。

美しい物を生み出したい、人を感動させたい、そういった衝動での‘演出’はいっこうに構わないのでございます。「ウソも方便」などと申します。人を救うためのウソや演出ならば、それは、‘花’でございます。しかしながら、その演出がどこかで誰かを傷つけているとしたら、それは‘刃物’でございます。また、ひとつのものが、‘花’と‘刃物’の両面を持っているということも多いものでございます。

ワタクシのメールマガジンも‘花’でありたいといつも思っております。しかしながら、自分では‘花’と思っている文章が、時として‘刃物’となって人を傷つけてしまうといったことも、まれに経験するのでございます。皆様方にとって、ワタクシのShe-mailが‘花’であれば、名古屋薫トッテモ幸せでございます。

しかし、もしワタクシの文章がもし‘刃物’になるようなことが有りましたら、皆様方どうぞお叱りのお手紙を送ってくださいませ。人間というもの、自分のことって自分よりも他人様の方がよく見てくれているものでございます。他人様に言われて初めて気がつくことっていうもの多いのでございます。

では、今回はこの辺で... 名古屋薫のShe-mail、『ニセ名古屋薫登場は花か刃物か?』でございました。次回の‘花’をお楽しみに。また、ご意見、ご感想、叱咤激励(しったげきれい)、罵詈雑言(ばりぞうごん)など、どうぞ気軽にお手紙お送りくださいませ。

|

« ヴァーチャルネズミに託す夢は? | トップページ | 心地よきかなわが城 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ニセ名古屋薫は花か刃物か?:

« ヴァーチャルネズミに託す夢は? | トップページ | 心地よきかなわが城 »