« 『ネット恋愛入門』のご案内 | トップページ | 夏木マリコンサート、マッドフレンチってご存じ? »

2000/01/11

名古屋薫 in 大阪、阪神大震災5年目に寄せて

全国の読者の皆様方、新しいお年をどのように過ごしていらっしゃるのでしょうか。名古屋薫でございます。

さて、去る1月16日の日曜日から翌月曜日にかけて、私名古屋薫は衣装の買い付けのため大阪の地へ赴いたのでございます。肝心の衣装の買い付けは月曜日の朝一番、それまで大阪の Beautifuru Sunday Night を Enjoy したのでございます。おいしい食事、同業者(!)の素晴らしいショー、活気のある街並み、大阪のTさんとの楽しいひととき、すべてに堪能して、とあるホテルの一室に一人戻ったのでございました。

翌日の買い付けに備えてしっかりと睡眠をとっておこうとベッドに入ったのでございます。そして、何気なくテレビをつけますと、そこに映し出されたのは、あの5年前の阪神大災害のドキュメンタリーの再放送なのでございました。その生々しい映像に釘付けになり、結局朝までその放送とおつき合いしたのでございます。

6432名の命をあっさりと奪った大災害、関西方面の方の中には身内や知人を失った方も多いのではないでしょうか。私自身、ほとんど記憶の片隅に追いやってしまっていた事件でしたが、あらためて見るその当時の映像に、心を絞られるような思いをしたのでございます。そのような特別な日に大阪の地に出向いたのも何かの縁なのでございましょうか、今回はちょっと深刻なお話ですが、おつき合いのほどを。

私はかねてから、こう思っているのでございます。

「人間なんて死ぬときは石に躓(つまづ)いても死んでしまうもの、逆にまだやり残した仕事があるうちは死にたいと思っても神様は死なせてくれないもの。自分(あなた)が今日も生きているということは、まだ私(あなた)を必要とする人がいるのだ」

っていうことなのでございます。ところが神様っていうのは気まぐれなもの。まだまだ必要とされている大勢の命をあっさりと引き取ってしまったのでございます。

地震直後の惨状の中で、生死を分けたのはほんの些細な偶然。あの惨劇から生還した方々は口々に、自分が「生かされている」ということを実感したとのことです。「生きる」ではなく「生かされる」というのはちょっとピンとこないかも知れません。

人間というものは実に自分勝手なもの。突発的な事故などで他人の死を目前にしたとき、まず思うことは、「ああ、自分でなくて良かった」ということでございましょう。でもこれは人間の本能として当たり前のこと、決して恥じることではありません。自分でなくて良かった、と一瞬思った後に「助けなくちゃ」とか「かわいそう」と思えばいいのでございます。

そして、そのような自分勝手な動物=人間も、九死に一生を得て初めて、自分が運命という長いレールをただ走らされているだけの、多くの列車の中の一つに過ぎない、思うのかも知れません。自分が能動的に生きていると思ってはいても、本当は運命という大きな力に「生かされているだけ」なのかもしれないのでございます。

「生きている」と思えば自分勝手になるもの。しかし、「生かされている」と思えば自分の命、あるいは他人の命の尊さに感謝出来るもの。大震災当時のことを語る人の顔には、不思議な優しさが湛(たた)えられていたのでございます。おそらくまだ癒えていないであろう心の傷とは裏腹に...

まだ必要とされながらも亡くなられた6432名の方々には、きっともっと必要とされる用事が違う世界で出来たので神様が引き上げさせたのであろう、そう思うのでございます。大震災の犠牲者の方々のご冥福を心からお祈り申し上げます。そして、私名古屋薫も、読者の方々がいらっしゃる限り、メールマガジンを書き続けるのでございます(ちょっとかっこよく言い過ぎかな?!)。

それでは、ちょっと深刻なお話だったかも知れませんが、最後まで読んでいただいてありがとうございました。次回の『名古屋薫のShe-Mail』お楽しみに。

|

« 『ネット恋愛入門』のご案内 | トップページ | 夏木マリコンサート、マッドフレンチってご存じ? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 名古屋薫 in 大阪、阪神大震災5年目に寄せて:

« 『ネット恋愛入門』のご案内 | トップページ | 夏木マリコンサート、マッドフレンチってご存じ? »